家族葬とは

家族葬とは

家族葬とは、故人と家族のお別れの時間を大切にするお葬式のことを言います。
一般のお葬式と大きく異なるのは、参列者についての考え方です。
家族・親族だけで行うか、故人とごく親しかった友人達に来ていただくという形式になります。
そのため、お葬式の規模は小さくなることが多くなりますが、式の流れについては、基本的に一般のお葬式と大きくは変わりません。
仏式の場合ですとお通夜とお葬式があって、それぞれ僧侶の方がお経を読んで、遺族や参列者が焼香をしてという流れになります。
タウンホールは「規模は小さいけれど、安心して送り出せる」そんな家族葬をご提案致します。

家族葬のメリット・デメリット

メリット

家族葬のメリットは、やはりゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごせることでしょう。
通常のお葬式では多くの会葬者への対応に時間を費やし、じっくりとお別れが出来ないこともあるようです。
また、故人と直接面識のない方に来ていただくことに気が引ける方もおられます。
その為、体力的・精神的にも遺族の負担が少なくありません。
そんな負担を軽減することが出来るのが家族葬です。

デメリット

葬儀終了後に亡くなったことを知った人達が自宅へお悔やみを述べに来たり、知らせなかったことに不満を言ってくることもあるようです。
また、香典の金額が減るので葬儀の総額との兼ね合いによりますが、遺族の負担が大きくなることもあります。
このような事を避ける為に親類などには事前に相談しておいたり、逝去の知らせとともにこちらの事情を伝え、家族葬で行う旨を伝える事が必要です。

 

お葬式とは人生の最後を締めくくる、大事な儀式です。
たった一度のやり直しのきかないものです。
家族を失う悲しみのなかで心の余裕もないかと思われますが、後悔の無いようにされてください。
大切な家族を、心をこめてお見送りするために。
迷った、分からない、そんな時はお気軽に私たちにご相談ください。