合掌

 

 仏式の葬儀や法事などで行われる「合掌」という作法。

 みなさんはこの合掌の意味を考えられたことはありますか?


 合掌という行為は、仏教発祥の地であるインドから日本へ伝えられたもの。

 インドでは、右手は清いもの、左手は不浄のものとされており、仏教においては右手は仏を表し、左手は私たち人間をはじめ全ての生物を表します。

 合掌ではその右手と左手を合わせ、仏と私たちが一体となり、成仏を願う気持ちを表現します。

 つまりこの合掌という行為は、仏様へ向けて行うものなのです。


 仏教だけに限らず、作法というものには、それぞれの動作に意味が込められています。

 形だけにとらわれるのではなく、その意味合いを心で受け止めながら行っていきたいものですね。




お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。年中無休で受付しております。