通夜の服装は喪服じゃなくてもいいの?




あなたはこれまでに、通夜に参列されたことはありますか?


ご不幸の知らせは突然やって来るもので、また葬儀は必ずしも休日に行われるものではありませんから、「葬儀の日は仕事や予定が入っているから通夜だけ参列しよう」という方も最近は多くおられます。

そこで通夜に参列される際、職場から通夜会場へ直接向かうため仕事着や作業服しか持っていない、またはそもそも喪服を持っていないという若い方もおられるのではないでしょうか。

そんな時、

「仕事着(作業服)で通夜に参列しても良いものでしょうか?」

「喪服を持っていないので、黒や紺などの地味な私服で参列しても大丈夫ですか?」

といったお問い合わせをお受けすることがあります。

通夜であっても喪服を着ていかなければご遺族に対して失礼になるのではないか?喪服でなければ常識外れだと思われるのではないだろうか?そんな心配があるのではないかと思います。


こういった質問ですが、結論から申し上げますと「喪服でなくとも全く問題ございません」

実は職場などから仕事着で駆け付けられる方は、結構多くおられます。

ここ最近では通夜には喪服で参列することが一般的となってきましたが、実はかつては急な訃報に喪服で駆けつけることは亡くなることを予想していたとされ、良くないとされていました。なのでそういった風習の名残として、現在でも通夜に私服で参列することは問題ないと一般的に考えられているのです。


急な知らせを受けて通夜に参列する際、慌てて喪服をご用意する必要はございません。大切なのは通夜の場に駆けつけて、故人に別れと感謝の気持ちを伝えることであり、ご遺族のお気持ちを慰めて差し上げること。

もちろん派手な服装は避けるべきですが、地味な服装であれば通夜では喪服にこだわる必要はございません。どうぞご安心して通夜にご参列なさってください。